じかん2

TATSU-Gです。

昨日のブログで書いたのですが・・・

現在の自分は過去と未来が唯一同在している。
未来という言葉を楽しい夢という言葉に置き換えたら
どうなるか?

現在の自分は楽しい夢と過去が唯一同在している。
になりますよね。

そうなんです
夢が毎瞬毎瞬あなたを通過しているんです。

イメージしてください。

楽しくなってきません?

これにはちょっとだけコツがあります。
楽しいもの ワクワクするものを
出来るだけ明確に鮮やか思い描いてください

試験に合格して喜んで万歳している自分
素敵な彼氏とデートしている自分
愛する家族と楽しく食事している自分
苦手な相手と楽しく会話している自分

最初はできなくてもよいです。

好きな映画の好きなシーンを思い浮かべ
そのシーンの俳優さんと入れ替わって
ニタニタ 笑顔で行ってください。

周りにひかれるかもしれません(笑)

これが慣れてくると


仕事をしているとき
台所で料理を作っているとき
畑作業をしているとき
愛犬と散歩をしているとき
お風呂に入っているとき

どんな時でもスイッチを入れるだけで
それができるようになります。

楽しい夢を自分で引き寄せるんです。
毎瞬毎瞬 楽しい夢があなたを通り抜けるんですから
叶わないわけがないです。

あなたの頭の中にある脳は
素晴らしい力があります。
でも数%しか日頃活動しておりません。
90%以上眠っているんです。

あなたの楽しい夢が毎瞬インプットされるんですから


眠っている脳が動かざるを得なくなり現実を創造します。
楽しい夢があなたの心のプロジェクターから現実に投影されます。

僕も最近これに気付いたばかりです。

一緒にやってみましょう。

時間

TATSU-G です!

アインシュタインさんは 過去も現在も未来もすべて同時に存在していると言ってます。
津留晃一さんやほかの著名人も 同様なことを語っています。

過去は昔のことだし~?
未来は予測不可能なことが多いし?
現在はいまだし~?

頭から湯気が出ますよね

【イメージタイム!!!】

今 あなたは 東京から金沢へ向かう北陸新幹線に乗ってます

あなたしか7号車にいません。(別に人がいてもよいけど~)

座っている席から 真ん中にある 通路に立ってください

新幹線が動き出しました。

あなたは動いていません
立っているだけです。

でも新幹線は 長野に向かって走ってます。

立っているあなたは現在

新幹線は走ってます

上野 大宮 と どんどん未来があなたを通過していきます。

そしてあなたを通り過ぎた上野や大宮の未来はどんどん過去になっていきます

あなたは止まっているだけ

未来がどんどん自分(現在)を通り過ぎて過去になっていくの連続です

ご理解頂けたでしょうか?すみません 稚拙な表現で。。。

いまの自分は過去と未来が唯一合わさる場所です。

そう考えると 現在は過去も未来も同時に存在しますよね。


未来も過去も今の連続です。


ちょっと不思議な感覚になりません?

おかげさま!

夏がくると 冬がいいという
冬になると 夏がいいという
ふとるとやせたいという
やせるとふとりたいという
忙しいと閑になりたいといい
閑になると忙しい方がいいという
 
 自分に都合のいい人は善い人だとほめ
 自分に都合が悪くなると 悪い人だと貶す
 借りた傘も雨があがれば邪魔になる
 金を持てば古びた女房が邪魔になる
 
衣食住は昔に比べりゃ天国だが
上を見て不平不満に明け暮れ
隣を見て愚痴ばかり
どうして自分を見つめないのか
静かに考えてみるがよい
いったい自分は何なのか
 
 親のおかげ 先生のおかげ、
 世間さまのおかげのかたまりが
 自分ではないのか

つまらぬ自我妄執を捨てて
得手勝手を慎んだら
世の中はきっと明るくなるだろう
おれが おれがを捨てて
おかげさまで おかげさまでと暮らしたい 

上原 重助

                             

 

声に出さなくてもこのような感情でますよね

不平・不満・愚痴


人間ですから仕方がないと思います。
それらの言葉を発した時
それらの感情を懐いた時


ちょっと自分から離れて 
上から自分を眺めてみませんか?

何でこんな言葉を発したのか 
何でこんな感情を懐いたのか

考えてみませんか?

つまらない理由だということに気付きます。

おかげさま です。

ことだま!

TATSU-Gです。

ぼくの知人で普通の人よりちょっと変わった能力
を持った方とお話ししたとき
この世の中で最高の言葉って何か知ってる?」
って質問されたことがあります。


なんだと思います?


僕も迷いました。



なんだと思います?


それは


「ありがとう」

の5文字です。
数霊で117(これは別の機会で。。。)


「Thank you」 「謝謝」 ではダメ
「ありがとう」 だそうです。

この音が持つ響きが 
発する人にも受けた人にも周りの人にも
とても良い 波動です。

場を良い方向に調整します。

いつも使ってますよね!

OKです!

ありがとうを発するとき
心を込めて 想いを込めて ありがたいと思って
言ってくださいね。

あーした~ ではダメです。

最初は意識的でもかまいません。

心を込める・想いを込めることがポイントです。

水を飲めることに   「ありがとう」
息ができることに   「ありがとう」
食事ができることに  「ありがとう」
仕事があることに   「ありがとう」
家族がいることに   「ありがとう」
友達がいることに   「ありがとう」
話ができることに   「ありがとう」
歩けることに     「ありがとう」
病気でないことに   「ありがとう」
生きていることに   「ありがとう」

日本語って本当に素晴らしいですね!

日本で生まれてよかった ありがとうです

ひとりひとりの暖かい想いが 場を変え地球全体が変わります!

むじゃき!

TATSU-G です。

小さい頃は神様がいて 不思議に夢を叶えてくれた
優しい気持ちで目覚めた朝は 大人になっても奇跡はおこるよ

松任谷由実さんの「やさしさに包まれたなら」の一節です。

かなーーーーり 前になりますが、子供の頃

ウルトラマン・仮面ライダーに真剣になれると思っていた。
バミューダトライアングルを信じてた。
魔法がいつか使えると信じてた。
UFOゴジラ 幽霊も本当にいると思っていた。

疑いもなく信じてました。

無邪気でした。

だんだん いろんな情報が入ってきて
ウルトラマンはいないと知り
魔法も使えないとショックを受け
M78星雲に行く夢もはかなく終わった

(でもUFOはいます 何回も見てるもん!)

成功法則や夢を叶える方法とかで
ポジティブな言葉や行動をとれとか書いてますが
ポジティブな言葉や行動をとればとるほど

できなかったらどうしよう・どうせ叶わない
ネガティブな感情も同じ力の強さで
出てきますよね。

そのプラスとマイナスの想いが相殺し
結局私たちの成功や願望実現を阻止しているのです。

巷に出回っている願望実現法や引き寄せの法則は
おそらく間違っていない!
前述したことが実現しない一つの要因と
なっているんじゃないかなと思います。

それをどうしたら改善できるか?

それは



子供の心を取り戻すことです。

あの頃は100%信じ切っていた。
ウルトラマンのメンバーになれることを。。。

そう 無邪気な心を取り戻すことが大事かなって
子供の頃 恐れや不安なんて無かったでしょ
1000%信じてたでしょ

俺は 私は ○○になる! って

本気で誓ってください
ルフィーのように。。。

ポジティブな感情が少しでもネガティブな感情をうわまれば
きっと あなたの 夢が叶います。

歳なんて関係ないですよ

「目に映るすべてのことは メッセージ!」

こんとん!

TATSU-Gです。

今世界は混沌状態です。各国の利害が絡み合い、
エゴ丸出しの紛争、闘争が絶えませんね。
とりわけ米中戦争は終わりなき戦いに入っています。
2020年から2021年にかけて人類社会は破壊に向かって
一つ間違えば第三次世界大戦勃発の可能性だってあります。

歴史上物事は混沌から秩序が生まれ
やがて秩序が乱れて混沌状態になる
というサイクルを繰り返してきました。

通信網が張り巡らされたネット社会の動きは
より複雑化し未来を予測することは困難を極めます。
これから世界はどこに向かっていくのでしょうか。

未来を予測することは不可能に近いように見えます。

しかし、ものごとを大局的に捉えることによって
ある程度予測がつくものです。
自然の法則は一定のサイクルで動いています。

陰陽論を当てはめてみると、
陽(西洋)から陰(東洋)へシフトしています。

これからは新しいシステムが生まれて、
既存のものは消滅していくと思えばいいでしょう。
もっと簡単に言えば、未来社会は今までの
反対に動くと思えば、当たらずとも遠からずです。

どんな新しいものが生まれてくるかは、
アンテナを張っておく必要があります。

企業と社会環境の関係もまたこの法則から逃れることはできません。
企業が社会環境を支配しているのではなく
企業と社会が相互に影響し合いながら未来に進んでいるのです。

今までの企業観はより安定を求めるために、

どれだけ法律や規則を作ってきたことでしょうか。
そのこと自体が不安定を作り出しているのです。

古い組織のピラミッド構造はやがて過去の遺物になることでしょう。

その遺物にしがみついて自ら崩壊していく企業が今も後を絶ちません。

私たちは壮大でドラマティックな
歴史の一ページに生きているのです。

水口清一先生のブログからです。

大きな変化・今までの価値観が一変すると
感覚的に感じられている方も多いと思います。

ここに書いてあるとおり現在は混沌状態
宇宙も混沌から生まれたという説もあります。

混沌→秩序のサイクルの中で我々は生きています。

それを直観的にとらえて動いている人が
私の周りでも多くなってきているように感じます。

今までの 価値観・考え・常識 100%変わります。

動物的な感覚で行動してみても良い時期に入ってきているのではないでしょうか?
凶暴になれと言っているのではないですよ(笑)

今が 大きく変われるチャンスです

ごうまん!

TATSU-Gです。

この世が完全であった時代には、
誰も価値ある人間に注意を払うこともなく、
能力ある人を敬うこともなかった。

支配者とは木のてっぺんの枝にすぎず
人民は森の鹿のようだった。

彼らは誠実で正しかったが、
自分たちは【義務を果たしている】
という認識はなかった。

彼らは互いに愛し合い
しかもそれが【隣人愛】
だとは知らなった。

彼らはだれも騙すことは無かったが
それでも自分たちが【信頼すべき人間だ】
とは認識していなかった。

彼らは頼りになる人間だったが、
それが【誠】だとは知らなかった。

彼らは与えたり受け取ったりしながら
自由に生きていたが、
自分たちが【寛大】だとは知らなかった。

それゆえに彼らの行為は語られたことがない。
彼らは歴史を作らなかった。

読み人知らず

                                 

この文章を桜井章一さんの本で見たとき
時折でてしまう傲慢な自分を恥じました。

人間の方向性の間違いを正しく表してくれている
多少の能力や立場を作ってしまった俺自身が

小さく小さく見えた。
桜井章一さんはおっしゃってますが
まさにそのとおりだと思います。

運転中、道を譲ったのに
ありがとうも言わない

俺の方が上なのに
言うことも聞かない

○○したのにあいつは何もしない
○○したのにありがとうもない

日常生活でこのような感情 結構出ますよね。
相手に見返りを求めての行為はただの傲慢ですよね

はやく 完全な時代の住人になりたいですね

のびる!

TATSU-G です。

噺家人生を振り返ると、山あり谷あり、
よくここまで来たなぁと思います。
最近になってやっと平地に足が着いて

歩いている感覚があります。

芸が少しうまくなったら
そこはキープしなければいけない。
そしてまた上がってまたキープ。
落ちてしまったらいけない。

いかに平地を増やして
登り続けるかが大事なんだと思います。

なぜかしら 子供の頃から好きで
CDを買ってよく落語を聞いていました。
これは故桂歌丸さんの晩年のお言葉です。

あの偉大な歌丸師匠でもその地位に
胡坐をかくことなく 常に上を目指していたんですね

周りからちやほやされたりすると

そこで止まってしまいがちです。

目的や目標を達成したら

地ならしして さらに上を目指す。
根を張って、伸びる!

死ぬまで僕もそのようでありたいと
感じました。

にげる!

逃げるって実はすごく大切で

後ろ向きになったわけじゃなくて

これからどうするか

何がしたいのか

立ち止まって

ゆっくり考える時間だと思う。

どうしたらいいのか答えが出たら

またそこから新たな一歩を踏み出すために。



今日FBでこんな文章に出会った。

以前 さだまさしさんのコンサートに言ったとき
いじめについて語っていたことを思い出しました。

いじめられて学校に行きたくないなら
行かなくてよい 逃げてもいいんだよ
逃げることはかっこ悪くもなんともない
いのちまで犠牲にすることはない

うろ覚えなんですが。。。もっと心に響く語りでした。

僕は逃げることは悪いこととして教育されました。
ほとんどの方がそうだと思うけど。。。
逃げる人をみて以前は
根性がないとかかっこ悪いとか感じてました。

でも今はそうは思いません

勇気ある決断

命や自分の心がズタズタに傷つくまで
頑張らなくても良いです 

逃げてください

一回深呼吸して 立ち止まって

考えて まとまったら

また歩きだせばよいです。

周りなんて気にすることはない

今度は明るく楽しい方に進んでください。

支援してくれる人 理解してくれる人が
現われます。

えん!

人は必要なときに 
必要な人と必ず出逢う

しかしそれに
気づく人は少ない

それに気づけるのは
想定外の苦しみや悲しみが

訪れたときだけ
だから心が折れそうなとき

支えてくれる人がいることの
素晴らしさに気づく

何もかもがあまりにも
辛すぎて泣きたいとき


「泣いて良いよ」と
言ってくれる人がいることの

素晴らしさに気づく

一人でいるとき
一緒にいてくれる人の

大切さに気づく

深い悲しみを乗り越え
笑顔を取り戻したとき
一緒に笑ってくれる人がいることの

素晴らしさに気づく

                          作者不詳

親しく会話をする人の数は約300人
友人と呼べる人の数は約30人
親友と呼べる人の数は約3人

これは生涯に出会える人の数だそうです。



一生涯に友人と呼べる人はたった30人なんですね
こう考えると人との出会いを大切にしなければならないですね。

今はSNSとかで簡単に知り合うことができますが
どんどん希薄になっているように思います。

一度 自分の周りの人・友人の顔を思い出して
心の中で感謝してみるもの悪くないかなと思います。

突然 連絡があったりして~ 
あり得ることですよ

人とのご縁を大切にしていきましょうね

人は必要なときに
必要な人と必ず出逢う