すうじ!

TATSU-Gです。

皆さん エンジェルナンバーってご存じですか?
普段よく見る数字 好きな数字ってありますよね?
数字って我々の生活には無くてはならないものですよね!

信じるとか信じないとかは別にして

今回はお遊び感覚で ご覧になってください

そして 普段気になる数字の意味を知ってください
あなたをサポートしてくれる見えない存在の方々のメッセージです。

サリーさん More Than Everより


あなたの原点に戻りましょう。あなたが生まれる前の、お母さんの体に宿る前のことを思い出してみましょう。あなたは宇宙の一つであったはずです。今あなたが取り組んでいること、今行っていることを始めた時の気持ちを思い出してみましょう。その気持ちをどうかこれからも忘れないでください。あなたの中の純粋な想いを忘れないでください。その気持ちを思い出せば、あなたの迷いに答えが出ることでしょう。


考えることを一度ストップしてみましょう。判断したり思案することを止め、深呼吸をしましょう。胸に手を当て、あなたが求めていることを思い出してみましょう。あなたが思い出すだけでワクワクしてしまうことは何ですか。あなたが欲しいもの、手に入れたいものは何ですか。あなたが求める願いに意識を集中していきましょう。天使たちは常にあなたの傍で、あなたを見守っています。必要な時はいつでも天使たちにサポートをお願いしてください。未来の素晴らしい可能性を信じて前へ進んでいきましょう。


信じる心と前に進む勇気を持ちましょう。あなたの祈りはまだ現実として見えなくとも、形になりつつあります。【『2』の意味は調和と統合】物事は相反する二つのものから成り立つという『二元論』の考え方のベースとなる数字です。“善と悪”、”男と女”、”隠と陽”などの対になるものが両方存在し、それらが合わさることでひとつになる、つまり調和や統合を表します。


アセンデッドマスターがあなたの傍にいます。あなたの祈りに応え、あなたをサポートしたいと思っています。※アセンデッドマスターとは、人間として地上で生活した後に昇天した崇高な魂をもつ人たちのことです。時代や宗教、文化を超えて名を馳せた人が多く、信じる心を強く持っていたという特徴があります。代表的なアセンデッドマスターには、イエス・キリスト、聖母マリア、ブッダ、マザーテレサなどがいます。


天使たちがあなたの傍にいます。そしてあなたを見守り、支え続けてくれています。悩み事があれば、彼らに語りかけ、委ね、癒してもらいましょう。彼らは常にあなたをサポートしています。あなたはただそれをありがたく受け取れば良いのです。彼らの小さなサポートはやがて大きな力と変わるでしょう。あなたが安らげる時間を大切にし、自分自身にも愛を注ぎましょう。あなた同様に天使たちもあなたに愛を送ってくれることでしょう。


あなたの人生に重要な変化が訪れているようです。すでにその兆しを感じている人もいるかもしれません。自分が置かれている環境や状況のほか、人間関係、キャリア、経済環境に至るまで、この変化によって、あなたの人生はさらに良いものになっていきます。また、目で見えるものだけでなく、自身の心境の変化など内面に関わることである可能性もあります。いずれにせよ、この変化はあなたのために起きるものです。恐れることなく、この変化を受け入れてください。


6という数字は、所有物や有形資産など地球上の物質に関することを意味しています。お金など物欲に意識が向き過ぎると、人は精神のバランスを崩してしまいます。6は、”あなたは今物質的なことに囚われ(とらわれ)すぎていますよ”という警告のサインでもあります。そのためスピリチュアルな面に意識を集中させ、バランスを取るようにしましょう。そうすることで、物質に対する恐れや不安を手放すことができるでしょう。


『ラッキーセブン』の言葉の通り、7は人知を超えた不思議なパワーが宿る数字。エンジェルナンバー『7』は、“あなたの選んだ道に間違いはない“ことを意味しています。心配する必要はありません。あなたは今、まさに進むべき道へを歩んでいるのですから。


あなたの元に経済的な豊かさがやってきています。恐れを手放し、その豊かさを受け取りましょう。豊かさを受け取ると、喜びの感情が湧いてくるでしょう。『ありがとう』という感謝の気持ちは、あなたにより大きな豊かさをもたらします。天使たちは常にあなたと共にあります。彼らの導きに従い、豊かさを享受していきましょう。


あなたには聖なる使命があります。あなたは生まれ持った才能や情熱、興味を生かして人々に尽くすことを求められています。あなたが捧げたエネルギーはやがて人々の笑顔となり、あなたを応援する力と変わるでしょう。あなたとあなたの使命を捧げる人々との間に幸せな関係が築かれ、あなた自身の心も満たされることでしょう。今、秘められていた才能に気付くチャンスが訪れています。あなたの使命を発見し、すぐに行動に移していきましょう。

以上です。

今回は基本数字のみをご紹介いたしました。

僕は よく 8888 と 1111をよくみます!
次回はゾロ目の意味を投稿しますね

楽しんでください!

アインシュタインの夢

相対性理論で有名な天才物理学者アルベルト・アインシュタインってご存知ですよね

E=mc² 光速に近づくと質量(エネルギー)が増える 

って説明しろと言っても説明できませーーん。が、数式ぐらいは知ってます。

このアインシュタインさんですが娘さんに宛てた手紙が1400通もあり

死後20年以上は世間に公表しないことと指示をしていたものです。

今日ご紹介するのはその1通です。

ちょっと長いですけど 最後まで読んでいただければ幸いです。↓↓

私が相対性理論を提案したときごく少数の者しか私を理解しなかったが

私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも

世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも私が下に説明することを

社会が受け容れられるほど進歩するまでお前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では科学がその正式な説明を発見していないある極めて強力な力がある。

それは他のすべてを含みかつ支配する力であり宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在ししかも私たちによってまだ特定されていない。

この宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。

愛は光だ。

それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。

なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。

なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ

人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。

愛は展開し、開示する。 

愛のために私たちは生き、また死ぬ。

愛は神であり、神は愛だ。

この力はあらゆるものを説明し生命に意味を与える。

これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。

それは恐らく愛こそが、人間が意志で駆動することを学んでいない

宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため私は自分の最も有名な方程式で

単純な代用品を作った。

 「E = mc2」の代わりに

私たちは次のことを承認する。 世界を癒すエネルギーは光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ愛には限界がないため愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだこの惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置愛の爆弾を作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さなしかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。

なぜなら愛こそが生命の神髄だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおりそれが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。

恐らく謝罪するには遅すぎるが時間は相対的なのだから私がお前を愛しておりお前のお陰で私が究極の答えに到達したことをお前に告げる必要があるのだ。

転載終了

天才物理学者が最後に行き着いたのが 愛・神 の世界でした。

科学が行き着いたところが 愛 です。

少なくとも人智を超えた存在を発見したのだと思います。先日ご紹介した田坂広志さん含め何かを卓越すると最終的に愛・神様の存在に到達するのかもしれません

愛を感じられない出来事が多すぎます。これをお読みになった方が少しでも愛について考えて頂ければ有難いです。

一呼吸おいて心のフィルターをとおして行動してくださいね

愛がある行動なのか?

愛がある言動なのか?

信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。 ~コリントの信徒への手紙 13章

できないー2

できない理由を考えると できない理由が多く頭の中にできてきます

できる理由を考えると できる理由がゆっくりと少ないですが頭の中にでてきます

今回は世間の枠から外れている文章ですので スルーしても良いですよ!

「できない」と思うと できないが宇宙に反映されます。

「できる 」と思うと  できるが宇宙に反映されます。

信じられないお話かもしれませんが 事実です。

プラス思考とポジティブシンキング とかとはちょっと違います

僕だけかもしれませんがプラス思考になれ!とか人から言われるとなんか嫌なんです。その瞬間、妙に疲れるし緊張するし逆にマイナス思考になってしまいます。

コツは ゆっくり 体の力を抜いて ゆるゆるで

それを歯磨きと同じように 習慣付けることです。

Aさん  「明日までにこれを提出して~」 

自分   「 絶対 できない」

と思ってもよいんです。

そんな時は 一呼吸おいて できる と思い直すだけで良いんです

習慣付けにするだけで良いです。

そうしているうちに 宇宙でも神様でもご先祖様 なんでもいいですけど

あなたの信じている(信じるものがなくても良いですよ)存在が助けてくれます。

なんでか 理由はわかりませんが 本当です

頭の中で 考えないで 

なんて言うか 力まず 本当に少しずつ

癖をつけてください 

意識のちからって凄いんです!

ねばならない ことなんて ない!

今回も?(笑) 世間の枠からはみ出たお話になりますので スルーしても結構ですよ

今日 これをしなければならないとか あれを 。。。。

とか毎日毎日 考えて 思って 行動してますよね

ねばならない は 自分を縛ります 

自分を不自由にしているのは この ねばならない という考え方です。

人はしたいからするのであり なにかしなければならないことなど ないのです

今の状況ではだめだ!なんとかしなければ 

あいつのこんなところがだめだ なんとかしなければ

このような気持ち ほとんどの方が 抱いたことがあるとおもいます

それは あなたの 自我から出てくる 気持ち 行動です。

理想 って だれでも 抱きますよね 

実はですね この理想を 抱いた瞬間から 理想とはかけ離れた自分を何とかしなければ

ならなくなっているのです。

理想を描く 懐くときって 今が理想的ではない と思っているときが多いんです

無意識 潜在意識 に

今を否定する  気持ち 想い

このままでは ダメだとする想い

が このままではいけない 現実

を引き寄せてしまっている場合が多いんです

このパターンを繰り返している人がほとんどではないでしょうか?

すぐには 受け入れられない と思いますが 少しずつ ちょっとずつ 

ねばならい という 口癖を 少なくしていきましょう

本当に変わります から~

お正月

お正月

ちょっと早いですけど  あと3ケ月ちょっとですよね

いままで読んだブログの中で 凄く印象に残っていて 

且つ 大好きな文章をご紹介します。

和羽さん の お正月起源  って 題名で

2016年に書かれた文章です

昨日 なぜか気になり 読み返してしまいました。

学校では 教えていない 内容になってます 。

人によっては信じられない内容になっているんで、

そんな方はどうかスルーしてくださいませ

それでは お読みください

↓      ↓       ↓

皆様、明けましておめでとうございます。

今年も世界中の人々のご多幸を心より願っています。

さて、私たち日本人にとって、お正月って特別な日ですよね。

そんな、毎年恒例のお正月のルーツを探ってみましたので、ぜひじっくり最後までお読みくださいませ。

お正月の起源を探ってゆくと、どうしても日本人は何処から来たかということを考えねばなりません。

そしてその日本のルーツを探ってゆくと、そこにはハッキリ古代ユダヤとの関わりが見えてくるのです。

ユダヤ人というと白人と思いがちですが、血統的真のユダヤ人『スファラディー』とは、黄色人種等なのです。

ですが、あるときから歴史は改竄され、イエス・キリストはいつの間にか白人になってしまいました。

そう、本当はイエス・キリストは黄色人種(セム系)だったのです。

「大晦日に大掃除」、

「門松」、

「縄(しめなわ)」を飾る、

「餅」を食べる、

正月から1週間を松の間、正月を月の初めとし祝う等々…

実はすべて3500年前の旧約聖書(出エジプト記、12章)に記載されていて、

そのしきたりを各家庭で守っているのは、なんと世界で日本のみなのです!

如何に古代ユダヤと日本が密接に繋がってるかを垣間見ることが出来ます。

旧約聖書によるモーセの出エジプト記では、ユダヤの民がエジプトの地で奴隷として不法な扱いを受けており、

創造神は、このユダヤの民を迫害から守るため、エジプトからカナンの地イスラエルへ脱出させる計画を立てます。

その計画が上手くいくよう、創造神は奴隷の脱出を阻止しようと企む王に、見せしめとしていろいろな罰を与えます。

その時の対策としてユダヤ人とエジプト人の家を見分けるため、ユダヤ人の家の前の「鴨居」と「柱の2箇所」の計3ヶ所に羊の血を塗って識別したのです。

ユダヤの古代人が日本に渡来した時は、正月には玄関に赤い血を3箇所塗っていたそうです。

以後、日本に仏教が導入されて玄関に赤い血を塗るのはご法度となりましたが、ユダヤのしきたりを守りたい渡来日本のユダヤ人たちは、やむを得ず赤く塗る代わりに、玄関の3箇所、鴨居にしめなわを、両柱に門松を飾って代用しました。

一部神社の鳥居が赤いのはその名残りで、これは神社等の最大のタブーなんだそうです。

そして、旧約聖書には、出エジプト時には、「種(菌)の無いパン」を「1週間」食べなければならない、と書かれてあり、これが日本人が正月に餅を食べる由縁なのです。

しかも、ユダヤ人は丸く平べったい種なしのパンを祭壇の両脇に重ねて備えるのですが、まさにこれは日本の鏡餅以外の何でもありません。

また、一週間(7日間)と規定されているところが日本の正月の期間と全く同じなのです!!

そしてユダヤ人は出エジプトの前日には菌が入りパンが膨らまないよう、菌を家から取り除くため、徹底的に掃除をしました。

これが年末の大掃除の謂れのようです。

創造神は、ユダヤ人の出エジプトを記念すべき日として、1年の月初めを正月と定めました。

これらの正月行事等は「永遠に守りなさい」と旧約聖書出エジプト12章に記載されています。

世界で日本だけの習慣としてボーナスが支給されていますが、

昔はボーナスのことを餅代と言われていて、どんな貧しい人でも正月には餅代で餅を食べていました。

意味を知らなくても、結果的には創造神の掟をちゃんと日本では守っていたんですね!

世界で旧約聖書を守ってるのは日本のみです。

近頃は正月行事は変わりつつありますが、日本って本当に聖書の世界そのものなんです。

正月(出エジプト)は記念すべきユダヤ人(血統的ユダヤ人・スファラディー)がエジプトから脱出した日であり、奴隷から自由人になったユダヤ人にとって大変なお祝いでもありました。

世界で「正月行事は日本だけが守ってる行事」でもあります。

3500年間守っているしきたり、すごいですね!

出エジプト記
34;18
7日間 酵母を入れないパンを食べなさい。

民数記
11;8
臼で粉をひくか、鉢ですりつぶしなさい。

民数記
9;3
エジプトの国を出た翌年の1月14日の夕暮れ、過越祭を祝った。=日本昔は正月14日に祝祭があり、15日16日両日を一般の公休とした。

日本の神社の前に置いてある狛犬(こまいぬ)は、犬というより もライオンであるが、古代ソロモン神殿の前にもライオンの像が置 いてあった。ライオンはダビデ王統を担うユダ族のシンボルであった。

今まで聖書とは何の関係もないと思っていた私たち日本人は、実は、聖書に大いに関係があったのです。

それどころか、日本人こそ聖書の約束の民、アブラハム、イサク、ダビデ、ソロモンに連なる聖書の中心の真のユダヤ人の子孫であることが、最近、多くの研究者たちにより判明してきました。 

今、中東で“我々は神の選民ユダヤ人”と豪語し、人殺しを繰り返している色の白いユダヤ人たちがいますが、彼らは偽ユダヤ人です。 

私たち日本人は、本当の歴史を教えられていません。

今、日本人がどんなに豊かであったとしても、自分たちの誇りを知らないが為に、脱け殻となっているように思います。

日本人の多くの人が真実に気付き、誇りをもち、大和魂に目覚め、真に立ち上がったとき、

世界はもしかして、本当に平和になるのではないでしょうか。

いつも、いつも、世界の平和を、心から願っています。

皆様にとって今年も幸せいっぱいな年になりますように。

restful wing ~和羽~

転載終了

この文章をよんで 映画 十戒 を見ました

京都の祇園祭りも 迫害されたユダヤ人が シルクロードを

通って 日本にたどり着いた ことが起源となっているみたいです

納得!

もしよろしければ  十戒 見てね!


できない!

できない理由を思い描くと 

できない できない できない

と宇宙に投影してしまうんです。

それが 自分の現実となって 常に できない になってしまいます。

ですから できない 理由を 

できる できる できる 

できる できる できる

に 変えてみません?

力まず 肩の力を抜いて 

そのうち それが習慣になって 

自分の目の前に 現れる ものが 少しずつ 変化していきます

真の意味での 変態=変われる体質 になっていきます。

最初は できない と想っても 全然かまいません

なんで できないという 感情 想いが出てきたのだろう?

って 考えてください

ちっぽけなものに 感じます

それも 習慣にすると 

加速度的に 自分が変わってきます。

できる!よ

創造エネルギー

目に見えないものを信じる人は そんなに多くないと思います。

こういう考え方もあります 津留晃一さんはこのように言ってます

量子物理学は この 目に見えないミクロの世界では見ようとする

対象物は必ず見る側の影響を受けるという学問です。

人間の目は光でものを識別して認識しますがミクロの対象物は

この光によって大きく歪んでしまうそうです。

見ているときと見ていないときでは 

まったく別の形をしているということになります

僕が友人の加藤君を見るとき 加藤君は 僕のエネルギー

によって影響を受け変化しています

別の方が 加藤君を見るときは 

加藤君は 別の方のエネルギーによって変化しています

僕とほかの方では 加藤君は全く違う見え方をしているということになりません?

加藤君は見る人の数だけ存在し 絶対的な加藤君なるものは存在しないんです

自分が認識している世界は自分だけの世界で 

ほかの人は自分の世界とは

まったく 違う世界 別宇宙の存在だということなんです

気に入らない人が目の前にいるとしたら 

それは自分のエネルギーが創り出した人で

実体ではありません それがとってもリアルに見えたとしてもです。

自分の観念が自分の世界を創造してます。 

人間は創造エネルギーそのものです!

目の前にある現実はすべて自分が創り出している ということは。。。。。

考えて下さい 

自分次第で 自分の見方で 自分の信じ方で どうにでもなるということです。

すばらしいことですね