説法

TATSU-Gです。

先日お寺に行きお話を聞きに行きました。

説法です。

たまには良いですよ!

ところで、鑑真さんってご存知ですよね
歴史の教科書に出てきますよね
学生の頃は西暦何年とか人名とかとりあえず
頭に詰め込むだけでしたが、何をした人ぐらいは覚えていますね

鑑真大和上について

14歳の時に出家して21歳の時に和上として僧侶になられました。
その後40代半ばまでに4万人の僧に授戒し3万以上の写経を残す
など中国でもとても有名な高僧として知られるようになっていました。
授戒とは仏門に入るための戒律をうけることを言います。

戒律を授けることができるのは普通の僧侶ではダメで修行を積んだ
今でいうならば免許を持った方しかできないのです。

その頃の日本の状況

その頃の日本は聖武天皇が大仏を建立し仏教は広がっていたが
本当の教えからは遠いものとなっており、誰でも僧侶になれる
くらいのひどいものになっていたのでした。
それを正すには「戒律」が必要で、日本には戒律を授ける僧侶が
いなかったのです。
そこで栄叡(ようえい)と普照(ふしょう)という2名の僧侶に
授戒ができる和上を中国からお連れするようにとの命を授け
733年遣唐使として派遣されたのでした。

広く人民に浸透している仏教を使い国を統治するという政治的な
ものだったと思われます。

渡航

唐に派遣された栄叡(ようえい)と普照(ふしょう)ですが
日本まで来てくれる和上がなかなか見つからず、9年も
かけようやく鑑真大和上にお会いすることができます。

鑑真さまは弟子たちに日本に行くものはいないかと尋ねますが
だれも返事はしません。そこで鑑真さまは自分が行くと決意した
そうです。お師匠様が行くのなら話は別ということで20名
以上の弟子たちが名乗りを上げたそうです。

その頃の日本への渡航はまさに命がけでした。現代のように
飛行機もないのですから。。。。僕だったら行かないですね
数十パーセントの成功確率しかないのに、弟子のリークや
中国政府の妨害など度重なる苦難を乗り越えようやく
6回目にして日本へお越しになられたのです。

栄叡(ようえい)も5回目の渡航で命を落とします。

鑑真大和上 66歳 

渡航を決意してから12年もかかったのです。
繰り返しの渡航失敗で失明までしてです。

真似できません 僕には。。。。

来日してから

来日してからは、東大寺にて聖武天皇に戒律を授け
それから多くの僧に授けていきます。
758年に引退し唐招提寺を開きます。
763年 鑑真大和上76歳 その生涯を閉じました。

日本の仏教は鑑真大和上がいなかったらここまで私たちの生活に溶け込むことは
なかったと思われます。

この説法で一つ疑問が残りました。

何でここまでして
見ず知らずの土地・言葉も通じない土地へ
来たのか?

普通だったら2回ぐらいの失敗で辞めますよね
中国でもかなり地位が高い高僧ですから、
ましてや光を失ってまで来日する必要なんてないですよね

その疑問はお坊さんの中でも?らしいです。

簡単に「昔の人は偉い!」なんて言葉で片付けられません。

ぶろっくちぇーん

TATSU-Gです

前回も書いたように今年から5Gの運用がはじまります。
これらの環境はおそらく 社会のシステムを変えていくと思います。
農業・漁業まで様々な分野でIT企業が絡んでくると想像されます。

それと同様に社会のシステムを変える技術があります。

ブロックチェーン技術です。

ブロックチェーンとは以下の4つの技術を組み合わせたものです暗号化技術

1.暗号化技術
2.コンセンサスアルゴリズム
3.ピア・トゥ・ピア(P2P)
4.DLT(分散型台帳技術)

私はこの4単語を見て頭から湯気が上がりました。

こんな技術的なことは別に理解しなくてもよいと思いますが、

中央で管理するのではなく、
分散・共有して安全にデータが管理・記帳されるシステム

だと思っていただいてもらっても大丈夫かと思います

例えば、Aさんが○○銀行からBさんへ10,000円送金したとします。
その取引データは○○銀行で記録され保管されますよね。

もし、何かのトラブルでこのデータが消えてしまったとします。

ありえないことではないですよね。

AさんがBさんに本当に送ったという証拠がなくなりますよね。
仮に紙媒体で持っていたとしてもその信憑性は100%ではなくなります。

それがブロックチェーンでの取引になると、
そのデータが分散して保管されてますので
○○銀行のデータが壊れても 
別の複数の場所で残ってます。

それも間違いなく10,000円送金したという承認されたデータがです。

さらに悪意のある人がそのデータを改ざんしてとします。
一か所で改ざんされてもほかのほとんどは改ざんされていないので

おかしい?となり改ざんも防げます。

このように ブロックチェーンはデータが複数で承認され、分散して保管記録される
技術だとなんとなく感覚で捉えてもらっても良いと思います。

ブロックチェーン技術が採用されはじめると

今まで中央集権型だった「信用」が
ITの技術・確たる管理者がいない
分散型ネットワークシステムに移行します。

これが進んで行くと、本人確認や印鑑を押すといった行為もなくなるかもしれませんね

この技術は金融だけではなく、今後あらゆる業界・業種で使用されると想定されます



近い将来GAFAに代わる企業が現れるかもしれません

参考文献 「WHY BLOCK CHAIN」

あけましておめでとうございます

TATSU-Gです。

遅くなりました。

皆様 あけましておめでとうございます。





突然ですが。。。。







今年は下記のように行動します(宣言!)

出来ない理由を

忙しさのせいにした時

心がなくなる

出来ない理由を

歳のせいにした時

人は老けていく

出来ない理由を

誰かのせいにした時

自分がわからなくなる

なにかのせいにした

言い訳が全部自分に

返ってくる

出来ない理由を

自分のせいにした時

出来る自分が返ってくる







未知のものに挑戦するとき

無理!できない!って思ったり、言葉に出したりしますね

僕は しょっちゅう です(笑)




そう思ったり、言ったりすると
脳や細胞さん達があなたを守る為に

無理・できない理由や現象を せっせせっせと造っちゃうんです。

防衛本能です






今年も新しいものにチャレンジするし、
知らないことをいっぱい 吸収するし

脳や細胞を騙します!

できないと思う暇があるなら 出来るまで続けます! 

生きている以上、なんでもたくさん経験積みます!

では 今年もよろしくお願い申し上げます!

知行合一

TATSU-Gです。

知行合一  
これは王陽明がおこした学問である陽明学の命題の一つです。
「知識と行動が一致しなければ知らないのと同じだ」という意味です。

いくら知識を頭の中に詰め込んでも
行動しなければ意味がないですよね。
インターネットの発達で知識や情報だけは沢山取り入れて
行動を起こす方は非常に少なくなっているように感じます。



考えることは非常に大事ですが、行動しなければそこからは何も生まれてきませんよね


今は時代の転換期 行動することが非常に大事なように思います。

行動するために考えているのです。

前にも書いたように できない理由 言い訳を考えていても何も状況は変わりません。


何かができない 達成しない 思い通りにならないのは

行動をしていないのです。

今 様々なチャンスが転がっています。
行動して拾いましょう!

斎藤一人さんも言ってます 
地球は行動の星だから 動かないと何も始まらない  と

行動して 
壁があって 
止まって 
考えて 
行動する。 

この良いサイクルをつくりましょう。

できます!

べーこん!

TATSU-Gです。

とあるファミレスのスープバーにて

洋スープの汁だけでは物足りないと思って具のベーコンちゃんを掬おうと思ったんです。
しかし ベーコンちゃんは 大きなおたまから 
スルッとスープ寸胴の中に消えていきました。

ちょっとむきになって  グルグルおたまを回して


ベーコンちゃんを追い求めました!頑張りました

だが ベーコンちゃんは逃げ回りなかなか掬えませんでした。




その時  ふ  と思ったんです。

「求めるから 掬えない」

そう思った瞬間 おたまにベーコンちゃんが 




ベーコンちゃんが 




ベーコンちゃんが!

はいりました。うん!

そうなんです。
求めるから こないんです

哲学的でしょ

欲しい から  来ないんです。


欲しいんですど 求めないんです。

なんて言うんですか 微妙な心の持ち方で
状況は変わるとその時 思いました。


ほしいと思えば思うほど 執着になってしまって 


ほしいという状況しか造らないんです。


こうしたい と思えば こうしたい って現実しか造らないんです

宇宙って不思議ですね

ベーコンに執着したおやじでした!

じれんま!

 あるところに
 二匹のやまあらしがいました。

 冬の朝、とても寒いので
 二匹のやまあらしは、
 互いに暖めあおうとして
 身を寄せあいました。

 しかし、あまりに近く身を寄せあったため
 二匹のやまあらしは
 自分の体に生えているハリによって、
 互いに相手を傷つけてしまいました。

 その痛みから、
 二匹のやまあらしは
 相手から離れたのですが

 今度は、また、
 寒くてたまらなくなりました。

 そこで、ふたたび
 二匹のやまあらしは、
 身を寄せあいました。

 すると、また、
 互いに相手を傷つけてしまうのです。

 こうして二匹のやまあらしは、
 離れたり、近づいたりを繰り返し

ようやく、

最適の距離を見いだしたのです。

新世紀エヴァンゲリオンで有名になった「やまあらしのジレンマ」という
哲学者ショーペンハウエルが語った、寓話です。

恋愛など人間関係の微妙でストレスを感じない距離感を保つことが大切
だと語っているみたいです。



確かにいろんな人間関係の場面で知らず知らず距離感を保ってますね

初対面の方・親しい方・同僚・上司・親友・恋人・家族 それぞれ自分が作っている
距離がありますね!

でも時には 痛みや血を流してでも 
もっと良い人間関係を築きたい方1人や2人いますよね

自分の先入観で「あの人はこういう人だ」と決めつけている方いますよね

もっと仲良くなりたい方いますよね




そういう時は 針で血を流してでも突進してみるのも悪くないかな?

ダメだったらもとの距離に戻せばよい

ほとんどが前より距離が縮まると思います

やるかやらないか!

TATSU-Gです

やるか、
 
やらないかですよ、
 
人生は。
 
  
やればそれだけのものが
 
返ってくるし、
  
やらなければそのままですよ。
 
 
なんにもない。
  
  
  
桑田 真澄 さんの言葉です。

そのとおりだと思います。

行動するとき

時間がない!

忙しい!

お金がない!

ない ない ない ない ない

できない理由ばかり考えると
何もできなくて終わってしまいます。
できる理由に上書きしてやってみたら





案外できるものです。

人生一回限り 
思い切ってやりたい事やりましょう!


今のタイミングしかないんです。

すぽーつ

TATSU-Gです。
昨日の5G話しに関連するお話ですが

e-スポーツって耳にしたことありますよね?

エレクトロニック スポーツです。
インターネット空間でするゲームです。

もちろん観戦もできます。

オリンピック競技にも今後なってくるかもしれません。
なんでやねん!と思われた方もいらっしゃると思いますが
現実に近くなってます。

スポーツの概念が変わります!

日本ではまだまだ普及してませんが
海外では賞金総額32億円の大会も開かれております。

賞金総額が32おくえん!

それほどの賞金が集まるということは 
経済的にも市場的にも 大変魅力があるということです。
皆様も知っている 

Amazon  Google  Microsoft Sony 任天堂 等
の企業もかなりの力を注いでいるみたいですよ

それに 今後世の中が5Gになると 益々 普及してくると思います。

今はユーチューバーで1億円越えの方もいますが、
今後eスポーツで有名になった方が億単位の年収になると思います

体力も年齢も男女もあまり関係ないので 
だれにでもチャンスがある!

自分もやってみようかな(笑)

映画 「レディ・プレイヤー1」のような世界観が現実になりますね

5Generation

TATSU―Gです。
11月中旬から今まで少し体調を崩しブログをお休みしたおりましたが
復活します。

やはり体調管理重要ですね!
改めて感じました今日この頃です!

今 世界は目まぐるしく 凄いスピードで変化してます。
その中で4Gから5Gへの移行で通信技術は格段に変わっていきます。
4分ぐらいの動画です ご覧ください

どうでしたか? 

自動運転やVR(バーチャルリアリティ)AR(オーグメンテッドリアリティ)
などはもうすでに様々な媒体で情報発信されていますよね

もっと一般的に あたりまえになる時代がそこまで来てます。

スマホが発売された頃
えーっと思った方々も

今みなさんスマホ持ってますよね

あたりまえになっていますよね

来年のオリンピックの頃には 
会場に行かなくてもリアルに感じられるかもしれませんね


がっしゅく!

TATSU-Gです。

先週の土日、志事の合宿セミナーに出席してきました
事前に合宿の内容は明かされていませんでした。

身に着ければ今後すごく伸びる可能性大の分野なので自分にとっては
その技術や裏技的なものを身に着けるために参加したのだが、
主にその志事をするためのマインドを養う為のセミナーだった。

最初は少し がっかりしましたが

2日後の感想は

とても良かった!

何か新しいものに挑戦するとき 
その技術 操作 用語 方法
を身につければ表面上はそれなりに見えますよね。

今流行っているから、みんなやっているから
の軽い気持ちで初めてもそれなりにできますし結果もそれなりにでますよね

しかし


何故それに参加したのかの目的
自分の本当の気持ちが
が心の深い部分で解っていないと

突き抜けれない
覚悟が定まらない
長続きしない

ということがはっきりとわかりました。
腑に落ちました。

インターネット会議等の通信でもできると思いますが



その環境に身を置かないとだめだいうこともはっきりわかった。

同じ意識を持った仲間が周りにいるので


「場」が違うんです。

何かにチャレンジするとき
本を読んで、ネットを見てなどの知識を得ることより

その環境に身を置く 

それが一番の近道です。