ブロックチェーン2

TATSU-Gです

今回はブロックチェーンを語る上には非常に大事な考え方・技術を書きます。
横文字が多く 難しいかと思いますがお読みください。

DAO 自立分散型組織

ブロックチェーンやAI・ロボットなどでつくられたシステムが人間を自動的に使う世界です。なんだかターミネーターみたいで怖い気がするんですが、ブロックチェーンの可能性を考えるにはこの考え方が非常に大事みたいです。自律的・自動的に動くシステムをつくりこのシステムを組織化してその周りに人間がいるという状態をいかに実現するかということがブロックチェーンの可能性です。

ちょっと難しいですね




今までの考えとか常識をいったん右でも左にでもに置いて、受け入れる事が必要かと。

スマートコンストラクト

ブロックチェーンのシステムの中にルールやレギュレーション(規則・規制・禁止事項)を組み込んで自動的に動かす技術のことです。そのプログラムを落とし込むのは人間ですがそれを動かし実行するのはスマートコントラクトによって自動的に行われます。

人が入力したのちは人から離れ システムが自動的に実行するということです



ますます 頭がショートしてきましたね

要するに基準値を決め 人ではなくシステムが
あなたはOK あなたはNOとなるわけです。

スマートコントラクト 人間がプログラムに使われる考え方です。先ほど出てきたDAOを語る上では不可欠な概念となってます。

RPA(ロボテック・プロセス・オートメーション)

パソコンの中のソフトがロボット的に人間の代わりに働いてくれる。
伝票入力などの単純作業を全て自動化しようとするのがRPAです。

前述したスマートコントラクトでの人間が行うルールやレギュレーションの入力作業をRPAで自動化すれば誤入力は防げるということになります。


大元のルールやレギュレーションの入力をミスすると判断する結果がとんでもないことになりますよね!

DAO(自立分散型組織)を実現するにはスマートコントラクト技術を用い、
その肝であるルール等の入力にはRPAで自動化し間違いがないようにする。

この考え方・技術がそれほど遠くない未来に浸透していくもののと思われますので頭の片隅にでも置いといてくださいませ!

参考文献 「WHY BLOCK CHAIN」

コメント

タイトルとURLをコピーしました