ぶろっくちぇーん

TATSU-Gです

前回も書いたように今年から5Gの運用がはじまります。
これらの環境はおそらく 社会のシステムを変えていくと思います。
農業・漁業まで様々な分野でIT企業が絡んでくると想像されます。

それと同様に社会のシステムを変える技術があります。

ブロックチェーン技術です。

ブロックチェーンとは以下の4つの技術を組み合わせたものです暗号化技術

1.暗号化技術
2.コンセンサスアルゴリズム
3.ピア・トゥ・ピア(P2P)
4.DLT(分散型台帳技術)

私はこの4単語を見て頭から湯気が上がりました。

こんな技術的なことは別に理解しなくてもよいと思いますが、

中央で管理するのではなく、
分散・共有して安全にデータが管理・記帳されるシステム

だと思っていただいてもらっても大丈夫かと思います

例えば、Aさんが○○銀行からBさんへ10,000円送金したとします。
その取引データは○○銀行で記録され保管されますよね。

もし、何かのトラブルでこのデータが消えてしまったとします。

ありえないことではないですよね。

AさんがBさんに本当に送ったという証拠がなくなりますよね。
仮に紙媒体で持っていたとしてもその信憑性は100%ではなくなります。

それがブロックチェーンでの取引になると、
そのデータが分散して保管されてますので
○○銀行のデータが壊れても 
別の複数の場所で残ってます。

それも間違いなく10,000円送金したという承認されたデータがです。

さらに悪意のある人がそのデータを改ざんしてとします。
一か所で改ざんされてもほかのほとんどは改ざんされていないので

おかしい?となり改ざんも防げます。

このように ブロックチェーンはデータが複数で承認され、分散して保管記録される
技術だとなんとなく感覚で捉えてもらっても良いと思います。

ブロックチェーン技術が採用されはじめると

今まで中央集権型だった「信用」が
ITの技術・確たる管理者がいない
分散型ネットワークシステムに移行します。

これが進んで行くと、本人確認や印鑑を押すといった行為もなくなるかもしれませんね

この技術は金融だけではなく、今後あらゆる業界・業種で使用されると想定されます



近い将来GAFAに代わる企業が現れるかもしれません

参考文献 「WHY BLOCK CHAIN」

コメント

タイトルとURLをコピーしました