じゅんかん!

松露(しょうろ)ってご存じですか?

黒松・赤松林に生える幻のキノコです。
以前はいたるところで見られましたが
現在ではほとんど取れず希少価値が
高い食用きのことなってます。

美味しいです!

その要因は松林が荒れ、松食い虫が増えた為だそうです。

では松露を復活させるには松食い虫がいなくなればと思いますよね。
当然誰でも考えるように防虫対策を第一に進めていたそうですが
目立った成果をあげれませんでした。

しかし、ある地方ではまず荒れた松林を掃除することから始め
見事、松露の復活に成功したそうです。

松林を掃除すると松特有の菌の働きが良くなり活性化します。
菌の働きが良くなるときのこがでて土が良くなります。
土が良くなると松の根の張りが良くなります。
根の張りが良くなると土の養分を吸収する力が強くなります。
松の生命力が強くたくましくなっていきます。
強くたくましくなると、松ヤニが豊富に分泌するようになります。
この松ヤニが松くい虫などの害虫から木を守るのだそうです。

松林の清掃が このような好循環を招き松露が復活したそうです。

要は松くい虫を防虫剤などで駆除する西洋的な考えではなく、松林全体の環境を整えて松自体の生命力を上げ駆除する東洋的な考えで昔のように松露が復活したということになりますよね。
(西洋が悪く東洋が良いと言っているのではありません。)

一つの原因・要因ばかりに意識を向けるのではなく


全体を捉えて物事を見て対処すると


結果的に全てが好転することって結構あると思います。


息詰まったとき

ピンチに追い込まれたとき

病気になったとき



一息入れて全体を見ると案外答えが出るかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。