おかげさま!

夏がくると 冬がいいという
冬になると 夏がいいという
ふとるとやせたいという
やせるとふとりたいという
忙しいと閑になりたいといい
閑になると忙しい方がいいという
 
 自分に都合のいい人は善い人だとほめ
 自分に都合が悪くなると 悪い人だと貶す
 借りた傘も雨があがれば邪魔になる
 金を持てば古びた女房が邪魔になる
 
衣食住は昔に比べりゃ天国だが
上を見て不平不満に明け暮れ
隣を見て愚痴ばかり
どうして自分を見つめないのか
静かに考えてみるがよい
いったい自分は何なのか
 
 親のおかげ 先生のおかげ、
 世間さまのおかげのかたまりが
 自分ではないのか

つまらぬ自我妄執を捨てて
得手勝手を慎んだら
世の中はきっと明るくなるだろう
おれが おれがを捨てて
おかげさまで おかげさまでと暮らしたい 

上原 重助

                             

 

声に出さなくてもこのような感情でますよね

不平・不満・愚痴


人間ですから仕方がないと思います。
それらの言葉を発した時
それらの感情を懐いた時


ちょっと自分から離れて 
上から自分を眺めてみませんか?

何でこんな言葉を発したのか 
何でこんな感情を懐いたのか

考えてみませんか?

つまらない理由だということに気付きます。

おかげさま です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。