のびる!

TATSU-G です。

噺家人生を振り返ると、山あり谷あり、
よくここまで来たなぁと思います。
最近になってやっと平地に足が着いて

歩いている感覚があります。

芸が少しうまくなったら
そこはキープしなければいけない。
そしてまた上がってまたキープ。
落ちてしまったらいけない。

いかに平地を増やして
登り続けるかが大事なんだと思います。

なぜかしら 子供の頃から好きで
CDを買ってよく落語を聞いていました。
これは故桂歌丸さんの晩年のお言葉です。

あの偉大な歌丸師匠でもその地位に
胡坐をかくことなく 常に上を目指していたんですね

周りからちやほやされたりすると

そこで止まってしまいがちです。

目的や目標を達成したら

地ならしして さらに上を目指す。
根を張って、伸びる!

死ぬまで僕もそのようでありたいと
感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました