感情の取扱い

ビジネスでも私生活でも役に立つ 感情の取り扱いを今日は書いてみたいと思います。ちょっとだけ世間の枠から外れているので 信じないひとはスルーしても良いですよ

日々 ムッとすることなど マイナスの感情が芽生えること って 多々ありますよね。最近は また こんな感情が出てしまった だめだなぁとか思えるようになったけど、若い時なんて 死ねとか くそっ!とか その感情がどんどんエスカレートしマイナスのままだった。落ち込んだり 不安になったりしたときも どんどん落ちていきそうでかなり苦しかった。

さて こんな感情をどうするか 

人間って 聖人君子ではない限り 他人を羨んだり 憎んだり、ちょっとしたことで落ち込んだり 不安になったり 

そのような感情が芽生えた時は 一呼吸して 出る感情 出る感情 を分析してみてください。

なんで 怒ったのか なんで イラッとかたのか なんで不安になったか なんで 寂しくなったか なんで落ち込んだのか などなど。。。。。

すこし考えると そのほとんどが 

自分が不足しているとおもっていること

自分自身の欠点であること に気づきます

他人は自分の鏡であると聞いたことありますよね?

自分自身で嫌だと思っている姿 言動を浴びたときに出る マイナスの感情ばかりを考えるのではなく 嬉しかったこと 楽しかったこと などプラスの感情のときにも 何故嬉しいんだろう?楽しいんだろう?と出る感情を考えることが 癖になると いつのまにか プラス が増えていくことに気付きます。

プラスの感情に心が支配されると 何をやってもうまくいくようになります

どんどん変わっていきますよ! 

要は習慣です

~マイナスの感情が芽生えた時 落ち込まないでください 

出たら出たで しばらく その感情に浸ってください 考えてください

それが習慣になると プラスの感情の方が 多くなってくるから~ 

~プラスとマイナスで 一つ であることを思い出してください 

もともと プラスもマイナスもない ということが そのうち解ります 

全てが一つですから~ by作者不詳

https://www.wowapp.com/w/tatsuya3985/join

2 Replies to “感情の取扱い”

    1. 小野さん ありがとうございます。まだ始めたばかりですが毎日投稿するつもりです。よろしくお願い致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。